強い頑張ったし

食生活の好きにあたってずいぶんマネージメント的ぼくは、原理常に同じようなものしか食べません。
しょっぱい軽食だったらポテトチップス。
容易い軽食だったら、チョコレートかけのクッキー。
アイスクリームなら、バニラアイス。
マクドナルドなら、チーズバーガー。
コンビニで昼食をかうなら、たまごサンドかすじこおにぎり。
朝めしは茹で卵というサラダ。
夕ごはんの常連は、塩鮭といったすまし汁。

マネージメント的も行き過ぎるって、多少の好奇心を有する人から見ると不気味なようです。
会社の友達からは、まさかからかわれたりする。
「○○ちゃん、飽きないの?」
なんて、何人の自分に言われたかわかりません。

ほっといてよ、なんてひねたことは言いません。
けど、ぼくにとっては、食で冒険諦めるは、いつでもおいしく食べられるのであって、決して不自然なことでもなんでもないのです。

「飽きないよ。おいしいから」
と答えるのですが、笑われるんですよね。
なんででしょう。

そういうぼくですが、過日何だか急に新しいことがしてみたくなって、今まで食べた会社のないものに挑戦しました。

コンビニエンスストアのカフェラテを飲んでみました。
注文してカップをもらって、自分で装置にセットしたんですよ!
ドキドキして、これで合ってるのかなって、何度も確認しました。
出来上がったポピュラーカフェラテにふたも一概に垂らしましたし!

ぼくは、小学校の頃に戻ったような感想でしたよ。
新しいことをしたときのの、ときめき第六感が。
カフェラテはおいしかったし、強い頑張ったし、素敵な一日になりました。

けれどもまだまだ会社の自分には言っていないんです。
こういう昂奮が薄れないうちに睦まじい自分にしゃべらなくてはと、思っています。

さぞかし、笑われるんだろうな。アプリは出会い系も多数あり!長野県松本市のランキングはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です